2020 葉月

かき氷
2008.8.12. 埼玉県長瀞町にて撮影

 

『かき氷』

 

この頃は路面状況や環境の悪い国道いわゆる『酷道』巡りに興味を持っていました。

首都圏で一番近い『酷道』である秩父と上野村、十石峠、南佐久を通て埼玉県と長野県を結ぶ国道299号線の『酷道』区間をバイクで走るついでに、

長瀞町のかき氷店で作ってる天然氷で出来たかき氷を食べに

この日走ったのでした。

  

 

この日は暑い日でした。

少なくても50人以上いた順番待ちの列に並び、

巨峰と練乳のシロップがかかった天然氷のかき氷を食べたのですが、

事前に知った通り食べた時にキーンと来る頭の痛みはありませんでした。

 

ただそれ以外の普通のかき氷との違いが自分には判らなくて、

シロップの白で頼めば良かったかなとも思いました。

味はもちろん甘くて美味しかったですよ。

……区別がつかんのなら、フツーのかき氷でも良いんだろーが……。

 

その後小鹿野町を通り道の細い『酷道』区間に入りました。

見晴らしが悪く山の中、木しかない細い道が延々と続きました。

 

しばらく走り渓流になぞるようにある道に合流し、

渓流と山の斜面の間にひっつくように存在する集落の中を走り続けると、

道が広く走りやすくなりました。

 

トンネルを抜けしばらく走ると、

黒い喪服を着た家族連れが道を横切るのが目に入りました。

標識には地名が書かれていました。

 

それから集落が過ぎてまた道が道が細くなり、

再び森の中の山道区間をうねうね登り続け

ようやく十石峠に辿り着きました。

小さな展望台があったもののの、

空一面に雲がかかって周りの景色を見晴らすことは出来ませんでした。

 

 

――――――――――――――――――

 

……先日ツイッターを読んで気になって、

この写真が入っているフォルダーを確認しました。

 

2008.8.12

撮影日は8月12日。

 

1985年に日航機が群馬県上野村御巣鷹に墜落したその日です。

 

当時は丁度その日だと意識しておりませんでした。

 

 

墜落場所の位置を正確に知らなかったとはいえ、

よりによって、

この日に

こんな所へ

行くんだよ……

と呆れるような感じです。

 

 

自分が悪趣味な性格だとはいえ、

さすがに山道と十石峠の写真はここに上げる気にはなれません。

写ってはいけない物が写ってるのが解るのが嫌ですし……。