“自粛私刑執行人”と誹謗中傷といった攻撃について

 

外出自粛要請期間中に自粛をしなかった、

あるいは自粛をしていないと勘違いされた店舗や

他県ナンバーの車、公園で遊ぶ子供などといった人物に対して、
私的に取り締まりや悪質な攻撃を行う『自粛私刑執行人』や、

ネット上に限らず他者を誹謗中傷する人たち、

そしてこういったことを行う人たちに対して

同じように非難し悪質な攻撃する人たちも沢山おります。
 
こういった非難や攻撃を行う人たちはどちらも根本的に行っていることは一緒で、

適切でない正義感や支配欲、嫉妬心、不安感などといった何らかの動機から
ある他者に対して『あるべき像』を意識的あるいは無意識的に要求し、
それに応えず否定・無視するかのような言動をした人物に対して

『正義』に反する者として攻撃しているように思われます。
 
こういった事を行う人たちの違いは『あるべき像』や『正義』の内容だけで、

自分を正当化して攻撃している点で一緒です。
 

 
もし何かあってこのような攻撃をしたくなってしまった時は、

すぐに衝動に任せた行動をしないで間を取って、
その時に起こる怒りやうらやましさなどといった感情を否認せずに受け入れてください。

それからその上で、

本当に自分が求めている攻撃した後の相手の反応は

どういったものか考え想像してください。
謝罪でしょうか?反省でしょうか?これからの行動の改善でしょうか?

それとも刑罰を受けて苦しむことでしょうか?

あるいは……
 
そういった自分が本当に求めている相手の反応を踏まえた上で、

自分が相手の立場に立った場合なら

受け入れることの出来る行動を考えてみてください。
 
それは当初行おうと思っていた攻撃と同じものでしょうか?
 
 
……誹謗中傷と意見は、受け止める人の解釈の仕方次第の側面もありますが、

これを行った人の動機や相手に対して求める内容という点で

違いがあるように私は思います。
 
 
逆にこういった非難や攻撃をされる場合は色々とありますが、

まずはその内容を鵜呑みしてそのまま受け入れない事です。
 
それらを否定すべきか、あるいは意見として受け入れるべきかそうでないかなど、

相手の批判内容の適切さやその動機など色々な側面から考え、
自分にとってプラスになる方向の対応をするのがいいでしょう。
 

 

 


……正直自分も他人を非難し攻撃したくなる時があり

実際攻撃した事もありますので、

自戒を込めて書きました……。