相談内容

養源寺にあるお地蔵様

日常生活や仕事、学校内外や対人関係、家族、自分自身に関することなど、基本的には人間、特には人間の心に関わるどのような問題やお悩みなどをお伺いいたします。

 


極端な話ですが、悩みなど無く、日常生活上の単なる雑談、ヒマだから来たという場合でもお伺いいたします。
その中からでも、ご自身のパーソナリティーや生活上の事などで、今まで新たな気付きを得られる事もあるかもしれません。


当ルームの心理カウンセラーが特に強いのは、自分自身に関する受け止め方などといった問題や新たな視点・見方のご提供などです。

一般的な善悪を脇に置いた、相対的かつ多角的で様々な判断基準から行うものです。

 

 

※ 精神科に通院中の方は、あらかじめかかりつけのお医者様からの許可をいただいてからいらっしゃると有難いです。

※ 一部の心の疾患症状法的に関わる問題具体的な就職・転職活動行動内容に関する事など、より適切な対応を行えます精神科医や法的機関、キャリアカウンセラーなどといった専門家や専門機関にご紹介いたすこともございますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

 

行う療法について

さつき

 折衷主義で来談者中心療法、認知行動療法、ゲシュタルト療法、交流分析、ブリーフセラピーなどといった療法を、お客様の話される内容・心理状態等に合わせて適切な物を選んで行います。

乱暴な表現ですが、『お客さんが良くなりゃ何でもいい。治る為なら療法などといったものにこだわらない。』という精神で行っています(苦笑)

 

 

…これは『心理カウンセラーなんだから私が治すのは当然』『〇〇療法使うんだから△△は治って当然』などといった、無用な自惚れや思い込みなどによってカウンセリング療法や心理カウンセリング自体に固執して、お客様の問題や症状などを改善させないどころか悪化させるのを防ぐ為の戒めという意味もあります。