令和二日目

  

昨日をもちまして新しい元号『令和』の時代となりました。

 

改めて、心理カウンセリングという手段に限らず、

皆様の幸せな人生を創る手助けとなることが出来るよう、

引き続き研鑽と修練を続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……余りに硬過ぎですね。

これからふんどし一丁になって、

奥多摩まで行って滝にでも打たれるつもりなのでしょうか?

 

 

心理カウンセリングでカウンセラーがこんな風に構えていたら、

クライアントさんも緊張して心むくまま話すのは

辛いかもしれませんね。

 

 

この場合、寝っ転がって鼻ほじりながらするのはさすがにマズいですが、

 これに限らず、外から見るいわゆる『あるべき』姿勢にこだわり過ぎず、

まずはやるべきことをしっかり行うことが大切なように

私は思います。

 

 

中身を伴わない形式は無意味。

形式にこだわり過ぎて望むべき結果にならず、

失敗しないようにしたいなと思っております。